Welcome your.


Search
      酸素濃縮機は吸着式を利用して、気体分子を暫く表面に吸着する過程です。気体分子を縛る力が正常化学鍵より弱いですけど、数秒、数分、もっと長い時間で気体分子を一定の位置に保持させるのに 十分です。吸着される分子が大部分表面を覆って、残る滑らかな表面は負圧状態になってます。ある分子は表面に粘着易いので、この特定な表面を利用して、一種類分子を分離できます。
      酸素濃縮機の核心にぜオライトという材料が置いてます。これは微小なスイスチーズ見たい巨大な網を利用して、大きな吸着表面を提供致します。正常的な圧力と温度の条件でエアー中の分子は偶に 表面に粘着します。窒素は酸素より表面に粘着易いので、ゼオライトは大量窒素を吸着して、酸素を集中するのです。
      もっと多い窒素を分離するために、コンプレッサーを通して、エアーはぜオライトに入っています。ゼオは窒素を濾過してから、呼吸に高純度酸素を提供します。でもゼオと窒素分子は飽和状態にし たら、吸着は継続できない、その時容器中の気体を全部釈放します。窒素もゼオ表面と分離するのです。循環としてゼオライトは改めて吸着始めて、いつも酸素流動を保持するために、典型的酸素濃 縮機は二つぜオライトを用意して、指定時間以内一つは呼吸に酸素を提供し、一つは窒素を排気して吸着能力を回復するのです。
 
Copyright © 2008 Longfei Group,China -All rights reserved.         Desianed by Eeshion Media       浙ICP备06017306号